キャッシングとカードローンの違い|キャッシング・カードローンの総合比較情報サイト

キャッシング・カードローン比較ナビゲーターTOP > キャッシング・ローンの基礎知識 > キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違い

閑休話題。キャッシングとカードローンの違いについて

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの何が違うの?といってもあまり明確な違いがありません。

どちらも定義的には、「お金を借りること」を意味していますし、会員カードを使ってATMで出勤できるのが「カードローン」かというと、会員カードがあっても、「キャッシング」としている場合もあり、明確な違いというのは実は無いとしか言いようがありません。

ただ、金融会社によっては、その定義が異なる場合があり、「キャッシング」と「カードローン」を別々に設定している場合があります。

以前は、クレジットカード会社においては、かなりはっきりと区別されていて、 「キャッシング」は、「翌月一括返済」、「カードローン」の場合は「リボルビング払い」と、別の金融商品としてラインナップしていたこともありましたが、現在は、区別している意味があまり無くなってしまったせいか、統合されて「キャッシング」に統一されている場合が多いようです。

まとめ?

本記事は、2017年04月28日時点でのデータを元に記述されており、文中の数字などは変更になっている場合があります

■キャッシング・カードローン比較ナビゲーターは独自に収集した情報を広告業として掲載しております。
■掲載されている情報内容に関しては確認に万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
■掲載商品にお申し込みの際には、商品提供企業の公式サイトにて契約内容を確認の上、ご自身の責任において行って下さい。