消費者向け及び事業者向けの貸付残高の推移|キャッシング・カードローンの総合比較情報サイト

キャッシング・カードローン比較ナビゲーターTOP > キャッシング・ローンの基礎知識 > 消費者向け及び事業者向けの貸付残高の推移

消費者向け及び事業者向けの貸付残高の推移

貸付残高の推移(消費者向け)

2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年
174,778 188,292 201,196 200,470 196,550 198,574 209,005 203,053 179,191 157,281 126,477 95,519

出典:金融庁

貸付残高の推移(事業者向け)

2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年
301,598 256,831 236,958 267,466 271,489 234,932 204,853 233,674 235,707 221,186 172,880 165,225

出典:金融庁

まとめ

2006年に成立した改正貸金業法(貸金業規制法、出資法、利息制限法等の改正法)以後、消費者向けの貸付残高が大きく減少しています。

総量規制など、貸付に関わる審査等が以前より厳格化している事が伺えます。

本記事は、2018年11月12日時点でのデータを元に記述されており、文中の数字などは変更になっている場合があります

■キャッシング・カードローン比較ナビゲーターは独自に収集した情報を広告業として掲載しております。
■掲載されている情報内容に関しては確認に万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
■掲載商品にお申し込みの際には、商品提供企業の公式サイトにて契約内容を確認の上、ご自身の責任において行って下さい。